ブログ

アーカイブ | RSS |
TOP

TOP : 屋根 その5

投稿者 : iwatahome 投稿日時: 2018-04-13 (14 ヒット)

こんにちは。イワタホーム(霧島)です。

 ものもらいになってしまい、左目がゴロゴロしています。ネットで調べてみると、栄養がかたよったり、睡眠不足などによる体調不良によって引き起こされるみたいですね。気が付いていなかったですが、疲れているんですね、私。ものもらいは、「休みなさい」という体のサインですね。

 でも、頑張ってブログ書いていきますよ~!そして、ブログ書いたら休みます!皆さんも、ものもらいができた時には、ゆっくり休んでくださいね。


さて、今日は、屋根のリフォームについてお話していきたいと思います。

■リフォームの必要性
屋根の耐用年数は、使用している屋根の材質や塗料などによっても異なりますが、一般的には30年に1度の葺き替えと10年に1度の塗り替えが基本といわれています。築10年に達していなくても、問題が生じている場合には早めの点検・修理が必要です。屋根の劣化を放置しておくと、室内にも被害が出てくると言います。
例えば、
•天井にシミができる
•天井のクロスが破れてくる
•天井近くの壁が色あせる
長く放っておくと、天井だけに被害があるのではなく、以下のような更なる被害になる可能性があります。
•水が天井から壁へ侵入し、胴縁が腐食する
水が壁に侵入し、壁クロスのはがれやヒビが発生する
シロアリが繁殖しやすい環境になる

 このような状況にならないように、5年ごとに点検をするのがおススメです。

■リフォームの種類
屋根のリフォームには、主に3種類の方法があります。屋根塗装(塗り替え)は、今ある屋根に塗料を塗り補修方法で一番安価です。カバー工法(重ね葺き)と葺き替えは、2つとも新しい屋根を取り付ける方法で、カバー工法は今ある屋根の上に取り付け、葺き替えは今の屋根を撤去して新しい屋根に取り換える工法です。それぞれについて見ていきましょう。


■屋根塗装
既存の屋根材に塗料を塗って、屋根材の劣化を抑える方法です。屋根の基礎部分である下地が、それほど傷んでいない場合に有効な方法です。塗り替えを行う屋根材は、セメント瓦・スレート系・金属系のみで、日本瓦の場合は塗り替えの必要はありません。
3種類あるリフォームの中で、一番金額を安く抑えることができ、25~40万円くらいが相場です。
メリットは、塗料の主要成分の違いにより塗料費用が変わるため、工事費用を抑えることが可能です。また、工期を短期間(約2週間)に工事を行うことが可能です。また、10年に1度のペースで定期的に塗装を行えば、屋根から雨漏りがすることも少なくなり、カバー工法や葺き替えをする必要もすぐには来ません
デメリットは、費用だけで塗料を決定すると、1回の工事費用は安く抑えられます。しかしながら、安価な塗料は耐久年数が短いため、塗り替えの頻度が増加し、結果、屋根リフォーム工事の総額が高くなることがあります。また、屋根材の上に塗装を行うため、下地である屋根材の痛みがひどく大きな補修が必要な場合、塗装が不可能なことがあります。


■カバー工法
既存の屋根材の上に新しい屋根材をかぶせる工事です。下地がそれほど傷んでいないけれど屋根材の傷みが激しい場合に有効です。
費用は、50万円~120万円くらいが相場です。
メリットは、葺き替えと違い、既存の屋根材を撤去する必要がないので、工期も短く、廃材も出ないので費用を抑えることができます。また、短期間で工事を行うため、職人の方の費用も抑えることができます。また、さらに屋根材が二重になるため、断熱性、遮音性も高まり、外観も一変します。
デメリットは、屋根下に湿気がたまることがないように換気口をつけ、外気を取り込む必要があります。そのため、「屋根リフォーム重ね葺き工事」に加えて換気のための工事費用が発生します。また、屋根全体の重量は増加するため、「重ねぶき」に適した軽量の屋根材を選ぶことや、施工の前に建物の強度や耐震性を確認する必要があります。
 
もう一つの葺き替えは、来週お話したいと思います。家は、屋根はもちろん定期的なメンテナンスが必要ですね。マンションですと、修繕積立金が毎月徴収されてそのお金でメンテナンスが行われますが、戸建ての場合には自分で計画的にメンテナンスに必要なお金を取っておかないといけないですね。

春に心機一転、新しいマイホームで迎えるためにマイホームを探したいという方、売る相談をしたいという方、ぜひイワタホームへお越しください!!

特に週末は混み合いご案内で事務所にいない場合もございますので、

事前にご予約いただくとスムーズです!!

0120-590-390

本社(霧島市)0995-64-2733

イワタホームのHP↓↓コチラ↓↓も見てみて下さい!(^^)!

(霧島市)http://www.iwata8.jp/

(姶良市)http://www.iwatahome.net/

(鹿児島市)http://kgsm.iwatahome.net/

スマートフォンからも見られます!